2014 / 09
≪ 2014 / 08 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2014 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青い実がた~んと生っているミカン畑からしばらく歩きます。



⑥



この小屋を通り過ぎて、どんどん坂道を上がって行きます。
(…と言っても、なだらか~な道なので楽~に歩けます♪)



ん?!( ̄○ ̄;)
あれに見えるは…?!



__ 1



ここにも協力会の道標がありました。



…が、こちらの道標も赤い文字が今にも消えそうで、嵐丸がガン見(視力0.2の近眼プラス乱視)して、かろうじて判読出来る程度の文字でした。



__ 3



この時嵐丸は、赤ペンも黒ペンも持っていなかったので修復が出来ませんでした(ノ_・。)
この後にこの道を歩くどなたかが、赤ペンお接待をして下さるといいのですが…
ちなみに、この道標はとても読みにくかったのですが、『右登る』…と書かれてありました。



この道標の後の道は、遠い日にどなたかのブログで見た記憶がありました。



あ~ッ!
この光景、この道だ~ッ!(*/∇\*)



④



なんだか、心ウキウキ・ワクワク…と足取りも軽く歩きました♪


⑤




…つづく









スポンサーサイト


何度か分岐があった後、ミカン畑の道を抜けて、車も通れるようなアスファルト道に出てきました。



④



この道に出てきてすぐにある物を見つけました♪



コレ♪



⑤



あれに見えるは…



⑥



この建物の傍の電柱に設置された協力会の道標を見つけました♪



この道で正解だったんや~ヽ(・∀・)ノ

…と、近付いて見てみる…



⑦



今にも消えそうな字でしたが、『円明寺奥の院』と書かれてありました。


以前、ある方のブログに、地元の方にこの道について尋ねられた時に「通れんじゃろ~」と言われたとありました。
確かに、長い期間お遍路さんが歩いておられなかったようで、道標はこのように色褪せていて、へんろ札やシールも一枚もありませんでした。
やはり迷いやすいから、お遍路さんは県道を歩かれるのでしょう。

残念ながら赤ペンを持っていなかったので、赤ペンお接待は出来ませんでした(^_^;)




道標の示す通りの道を歩いていくと、またまたミカン畑がありました。



②



③



レモンもありました♪



①




…つづく。










ミカン畑の道を歩いていると、農作業中の女性が前屈みで作業していた腰を真っ直ぐに伸ばし、作業の手を止め、しばし嵐丸を見つめておられました。


そうそう!奥の院を探して歩いている時ってこんな感じだったな~と、過去の記憶が甦りました(^_^;)

普段はあまりお遍路さんが歩かないような場所を(これでも一応女性)の嵐丸が、のらりくらりと歩いていると、「お遍路さ~ん、どこに行っきょんえ~」と、地元の方々が心配して声をかけて下さる事が何度もありました。



①



今は書籍やインターネットで情報を得たり出来るでしょうが、遍路道には当然の事ですが奥の院への道標は少なく(有名な所はあるでしょうが)嵐丸は四国の道路地図をコピーした物と、コンパスを持ち歩いていました(^_^;)



②



自宅でネットが出来るようになってからは、ある方のHPで情報を得ていました。
しかしウルトラ方向音痴な嵐丸は何度も何度も迷子になって、半泣きになってベソかきながら歩いた事もあったっけ…(ノ_・。)



③



昔話はさておき…( ̄- ̄;)



④



この道も例にもれず、普段はお遍路さんを見かけない道なのでしょう。



⑤



やっぱりこの道は遍路道ではないのかも…という不安を抱きつつ歩きます(^_^;)



⑥



この日、結果的には奥の院まで辿りつけたのですが…



⑦



今日の写真は道ばっかりで、あまり面白くないですね(^_^;)



⑧




…つづく











第52番太山寺から第53番の奥の院円明寺への遍路道

嵐丸も過去に迷った経験があるのですが、嵐丸だけではないようです(^_^;)
改めて見てみると、この地図の距離の表示が若干違うような気がします。



20140924225632.jpg



赤い点線が遍路道ですが、公民館の脇から歩く道はどうやら赤い点線の遍路道では無い様子。
何故かと言うと、公民館の脇から歩くのであれば、バス停のすぐ傍に公民館があるので、そこから赤い点線が伸びているはずなのですがそうではなく、お寺から赤い点線が伸びているようですし、山門とお寺の間だとすればこの駐車場から歩き始めるのではないかと思います。
(ちなみに山門とバス停は同じ場所にあるので、この地図の距離とも違いがあるように思うのですが…)



…と、いう事で駐車場の奥に遍路道の入り口が無いか探してみました。





ん?何やら立て看板が!
もしかしてココかな?!( ̄- ̄;)



__ 1



『これより上車両止』と書かれていました。

草をかき分けるとこんな案内板がありました。



__ 3



でも奥の院とは書いていなくて←『太山寺』→『高浜』と表示されていました。




覚悟を決めて(んな、たいそうな!)、右側の山道に入っていきます。



__ 2



草ボーボーかなぁ…蜘蛛の巣だらけかなぁ…
デング熱にかかったり、マダニに噛まれたりしないかなぁ…
…と心配しつつ進むと…



__ 4



意外とそうでもなく、すぐにミカン畑の道に出てきました。



__ 5






…つづく。











先達大会とお疲れ様会を終えた翌日、何年も前から気になっていた遍路道を歩いてみました。
ε=ε=┏( ・_・)┛


嵐丸が気になっていたのはココ♪



__ (2)



第52番札所太山寺から第53番奥の院円明寺へ続く道。

その昔…
太山寺の境内を何往復しても見付けられなかったので、しかたなく県道を歩いて奥の院をお参りした苦い思い出…( ̄- ̄;)



太山寺までは電車とバスを乗り継ぎました。



__ 1



三津駅って初めて降りたけど、レトロでいい~雰囲気♪
駅舎の中にある売店のオジサマにパンフレットをたくさんいただいたり、色々と案内をしていただきました♪


お店に飾ってあった、昔懐かしファンタとコカコーラの200ml瓶を見て感激~♪
嵐丸は小さい頃だったので、一瓶を飲みきれなかった思い出があるのですが、今みたら「へっ?三口ぐらいで飲み干すやん!」って感じの大きさでした(^_^;)



太山寺門前までバスは連れて行ってくれます。



__ 2



まずは太山寺をお参りし、
女の一念、岩をも通す…(^_^;)
さぁ~て、行ってみよ~!



地図の点線の道は公民館の横を通って行くらしい情報は(どなたかのブログで)得ていたのですが、昔の嵐丸はその公民館がどこかも分かりませんでした。


山門のすぐ横のこの建物が公民館だそう。



__ 3



…?! ( ̄○ ̄;)

この建物が公民館だったんだ( ̄- ̄;)

でも嵐丸は、この公民館の隣の道ではなく(結局は後で合流するようですが)駐車場の奥にある道を登って行きました。



a



b





…つづく











嵐丸

Author:嵐丸
雨ニモマケズ、風ニモマケズ…そういう者になれる日まで頑張ります♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。