FC2ブログ
2012 / 10
≪ 2012 / 09 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2012 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さてさて…そんなこんなで無事に四国を4周回る事が出来た嵐丸(^_^;)

しかし、四国88ヶ所霊場の先達になる為には、四国を4周回るだけではなく88ヶ所の内のお寺から推薦していただかなくてはなりません。


私はあるお寺にご縁をいただき、ある日ハットリさんに付き添われてご住職にお願いに上がりました。

ご住職に、私の血と汗と涙と雨水の結晶である(いや、どれにも濡らしてませんが(^_^;))納経帳を差し出すと、1ページずつ丁寧に最後の大窪寺まで見て下さり、ゆっくりと表紙を閉じて私に返して下さり、にっこりと笑って先達の申請書を手渡して下さいました。



お寺からの帰り道、ハットリさんからある事を聞きました。

ハットリさんは驚くほど若い先達番号をお持ちで、かなり以前に先達になられたそうなのですが、先達になる為には最近はどういう手続きが必要なのか詳しくご存知なかったそうで、私が先達になれるようにと色々と準備をして下さっていたそうだ。


どう転んでも私を先達にさせる事が出来るようにと思って下さっていたそうで、そのお気持ちがとても有り難くてお礼を言いたかったのだけど、シャイで照れ屋な私は(え?…何か問題あります?(^_^;))直接言えなかったので、帰宅してからメールでお礼を言うと(失礼なヤツです…苦笑)すぐに返事が返ってきて、そのメールには…


「当たり前の事をしただけです。一生懸命頑張っている人には必ず誰かが手を差し伸べてくれます。」
とだけ書かれてありました。


にんにんらんらん
(嵐丸が先達になれた日に、ハットリさんにお願いして一緒に撮っていただいた写真…私の宝物です♪)


今回、昇補の内定通知が届き、色々と思い出した事を書きました(*^_^*)


あれから2年が経ちました。
この2年の間に、さらに四国を2巡以上参拝し、推薦寺院の推薦をいただく事が出来ました♪
(昇補の為の規定です)
12月に善通寺に出向き、昇補させていただきま~す(*/∇\*)

初心を忘れる事無く、皆さんに恩返しが出来るよう、一生懸命頑張らないといけません!
気長に…気長に…気長~~~に、待っていて下さいネ♪(^_^;)




スポンサーサイト


第86番札所志度寺の駐車場で途方に暮れていると、初老のご夫婦らしきお二人を発見♪

またまた「どちらへ行かれますか?」作戦で、声をかけてみる(^_^;)


滋賀県から来られたという男女二人連れは、関西弁で「そんなもん~、次のお寺に決まってるやんか~」だって…( ̄ー ̄)ニヤリ

お願いすると快く車に乗せて下さる事になったが、小さな軽自動車の後部座席には荷物がいっぱいで、それをどけてまで私の座席を作って下さった。


お二人はご夫婦ではなく、ご兄妹だそうで、初めてのお遍路で今日は第88番札所大窪寺まで打ち終えて帰るのだとお聞きし、後部座席でこっそりとニヤける嵐丸(^_^;)


87番札所を打ち終え、88番札所まで車で移動中に、バナナやお菓子やアンパンなど、色々なお接待をいただいた♪
そういえば…それどころじゃなく朝から何にも食べてなかったのだ(^_^;)



お遍路は初めてだというお二人だったので、前山お遍路交流サロンで車を停めてもらい、お二人を案内した。

CIMG3119.jpg


あまりに楽しそうにあれこれと興味津々に眺めるお兄さん(^_^;)


そんなお姿を見て、「お兄さん、お元気ですね」と妹さんに声をかけると、


「じつは、兄は癌で、先が長くはないんです…。どうしても一人で車を運転してお遍路に来るというので心配で…。身内で話し合って、私が付き添って四国に来る事になったんですよ。」と…。



そんな事は微塵も感じさせないほど明るいご兄妹だったので、何と答えていいやら解らなかった。

私にも病気の兄がいて(おかげ様で今は元気だけど)その病気平癒の為にも私は遍路を続けているのだが、とても他人事には思えなかった。



第88番札所大窪寺に着き、3人で結願の寺にてお勤めをする。


ご本尊 薬師如来
ご詠歌 『南無薬師諸病なかれと願いつつ 詣れる人は大窪の寺』

CIMG3123.jpg


3人で参拝を終え、門前のお店でうどんを食べながら結願のお祝いをする。
お兄さんはしきりに私に「最後のお寺まで案内してくれて有り難う!滋賀県に来る事があったら、必ずウチに寄りなさい」と言って下さった。


そして、車で滋賀県に帰るお二人と握手をしてお見送りし、私はその日は宿で一泊し、翌日無事に予定の日程通りに自宅に帰り着いた。



忍者ハットリさんや、女性ドライバーさん、滋賀県のご兄妹…。

色んな方達に助けていただいて、私の四国遍路4巡目は終わったのでした。






屋島寺の駐車場のベンチに腰をかけバスを待ちながら…そうだ!このままバスを待っていても時間の無駄だし、そこからまた次のお寺までの移動はどうする?
それならば…と、生まれて初めてのヒッチハイクを思いついた(^_^;)

しかし仮にも戸籍上は女性である嵐丸は、やはり少しは不安だったので、女性の運転する車を見つけて、思い切って声をかけてみた。


内心…ここは84番札所だから当然85番に行かれるだろう…と思いつつ、「あの~、どちらまで行かれますか?」と声をかけてみる(^_^;)

「次は85番に行きます」と女性のドライバーさん\(^o^)/♪

「そうなんですか~?(まぁ、偶然~♪)私も85番に行きたいんですよ~、もしオジャマじゃなければ乗せて行っていただけませんか?」とお願いしてみると、有り難いことに「どうぞ」と、すんなりと乗せて下さる事になったヽ(・∀・)ノ

神様仏様は嵐丸を見放さなかったのだ♪(*/∇\*)



無事、第85番札所八栗寺を打ち終え、次の第86番札所志度寺へも便乗させていただいた。

お参りを済ませると女性ドライバーさんが「あのぅ、私達今日のお参りはここまでなので…」と申し訳なさそうにおっしゃる。

∑(゚Д゚;)ギクッ
あ、そ、そうなんですか…。

いや…ここまで有り難うございました~(。・_・)ノ゛


女性ドライバーさんを見送り、さて、どうしよう…。
しばし考えて、またヒッチハイクをするべく駐車場をウロウロしてみた。



参拝客は少なく、しかも女性ドライバーはまったくいない…
(ノ_・。)

途方に暮れていると、お一人で来られている初老の男性先達さんを発見!
( ̄ー ̄)ニヤリ


お願いしてみようと近付き、(そりゃあ、次は87番に行かれるよな~と思いながらも)
「あのぅ、次はどちらへ行かれますか?」と聞いてみる(^_^;)


「ごめんね、僕、逆打ちなんですよ~」


ガ━━━━(;゚Д゚)━━━━ン!!

何で閏年でもないのに~ッ!。・゚・(ノД`)・゚・。ウェ─ン


神様仏様に見放された嵐丸…ピ~ンチ!( ̄- ̄;)



続きはまた明日…。








翌日は朝一番から一部の区間JRを使い、その後必死に歩き、忍者に拾っていただいてから後は、あれよあれよという間に次々と札所を回り最終的には第82番札所根来寺まで、忍者は車を走らせて下さったのだ(^_^;)

おそらく香川県内全ての道を知り尽くしている忍者は、時々抜け道を使ってワープするという忍法を使い、私がノロノロと車を運転して回るよりも明らか早かった(^_^;)



車の中で、忍者に「ご迷惑をおかけしてしまいすみません。」と謝ると、「あんたはしっかりしているように見えるけど、どっかヌケているから、助けてやらなあかん気持ちになるんや」と言われた。


ガ━━━(;゚Д゚)━━━ン!!


私、今迄の人生の中で、自分ではメチャクチャしっかりしていて、頼りがいのある人だと、ず~っと思っていたのですが…。
もしかして?…違っていました?( ̄○ ̄;)


穴があったら入りたくなる嵐丸…( ̄- ̄;)
きっとその穴にもどっかでひっかかって、身を隠したつもりでも頭隠して尻隠していないかもしれない私…( ̄3 ̄)
あぁ、お恥ずかしい(^_^;)
でも、まぁ、今回はチョット、眼鏡と免許証を忘れただけサ(^_^;)



「明日は来れないから…残り頑張るんやで~」と言い残し、忍者は去って行った。

「2日間お世話になりました~」(。・_・)ノ゛




さて、明日からどうしよう…と悩みつつ作戦を立て直すつもりが、疲れとエネルギー補給(泡の出る液体)で眠くなり、さっさと寝てしまい、翌朝目覚めてから慌てて支度をする。


早朝からJRを利用し、第83番札所一宮寺へ。そこからはことでんを利用し最寄り駅から第84番札所屋島寺へと歩く。
お参りを済ませ、さて、これからどうしようか…( ̄- ̄;)


昨夜チャンと予定を立てておけば良かった…と悔やみつつ、ベンチに座って1時間以上経たないと来ない路線バスを待ちながら駐車場を行き交うお遍路さん達を眺めていた。



この後、嵐丸はどうしたか?…( ̄- ̄;)



続きはまた明日…(^_^;)








ある日、香川県観音寺市の観音寺駅に降り立った嵐丸は、借りようと思っていたレンタカーを借りられず、すべての計画がパーになってしまい途方に暮れた(ノ_・。)

しばらく駅の待合室のベンチに腰をかけ、さてこれからどうしようか…と計画を立て直そうとしたが、レンタカーで車中泊をするつもりだったので宿泊する宿もまったく予約していなかった。


すでにお昼を過ぎていて、とにかく今夜泊まる宿をどうにかしなければ…と考えつつも、先に忍者に電話してみた。
香川に来る事はすでに連絡していたので、いつものように連絡だけはしておこうと思っていたからだ (^_^;)

忍者に電話して事情を話すと、たった一言…。
「そこで待っていなさい」
と言われ駅で待っていると、アッという間に忍者登場~♪

そして「乗りなさい」言われ、車に乗せていただくと、これまたアッという間に第68番札所と第69番札所に連れて行って下さり、私がお参りしている間にご自分は境内の隅々までカメラを片手に取材(^_^;)

次は第70番札所本山寺…これまた同じパターン(^_^;)
そこで夕方5時になり本日のお勤め終了~♪


さて、今夜の宿はどうしようか…と思っていると、近くの宿の女将さんと忍者が仲良く話しているではないか( ̄○ ̄;)
どうやらお知り合いらしく無事に宿泊出来る事になった。



「明日は歩ける所まで歩いておくように」…と忍者からお達しがあった(^_^;)
忍者は午前中はお仕事なので、翌日の午後に私をどこかで拾って、また車で連れて行って下さると言うのだ。

忍者はとんでもなく早寝早起きで、私達の思う夕方は忍者にとっては深夜なのに、夕方まで私に付き合って下さるというのだ!
\(◎o◎)/!



ハットリさんありがと~♪
また明日よろしくお願いしま~す♪(。・_・)ノ゛



つづく…






嵐丸

Author:嵐丸
雨ニモマケズ、風ニモマケズ…そういう者になれる日まで頑張ります♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。