FC2ブログ
2011 / 09
≪ 2011 / 08 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2011 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(歩き遍路1巡目~その33~)


まだ薄暗い中6時に宿を発ち、昨日歩いて来た道を戻る。

朝一番に、番外札所妙雲寺にお参りする。
妙雲寺

納経をしていただき、横峰寺へと向かう。標高300mの場所にある遍路小屋までは楽々上がれたが、山道を入って行くと険しい急坂だった。
途中、杖の役目をしてくれそうな木を見つけ左手に持ち、右手の金剛杖と、2本の杖で身体を支えながら登ったらずいぶん楽になり辿り着いた。
第60番横峰寺
(5月は石楠花がキレイ♪)

標高が高い分、気温が低い。本堂でお参りする時には身体が冷えてきてお経を唱える声が震える(>_<)
本堂の向かい側にある大師堂もプルプル縮こまりながらお参りする。

星が森へ行こうと山門を出たところで、遍路小屋で見かけた初老の男性が上がってこられた。山門までの階段、あと5段…辛そう…。「頑張れ」(心の声)
男性が登り終えたのを見届け、山門を後にし、静かな山の中を500m程歩く。
更に外気が冷たい(>_<)プルプル

昨夜ずいぶん雨が降っていて、今朝はまだどんよりと重たい雲が空を覆っていた。
星が森に着きリュックを下ろす。
鳥居から石鎚山を望む。
ちょうど雲の隙間から朝の光が差し込んできて、鳥居を明るく照らし始めた。
星が森

何枚か写真を撮り下山。下山ルートは白滝ルートを選んだが、晴れていてもコケそうになる急斜面が続く。昨日だったら下りれなかっただろう。
昨日お会いした女性が、ドシャ降りの中、川のようになったこの道の途中まで歩いたと聞いていたが、さぞかし大変だったと思う。

麓に下りて、62番宝寿寺~63番吉祥寺を打つ。
第63番吉祥寺 (7)
(♪ぞぅ~さん、ぞぅ~さん♪)

第63番吉祥寺 (3)
(成就石:目をつぶってこの穴に金剛杖を通す事が出来たら願い事がかなうらしい…)

「エイッ!エイッ!」と金剛杖を突くが上手く穴に通らず、石に当たり手がジィィ~ンとしびれる(^_^;)
「これでもか!ウリャッ!」とやってるとスッと通った\(^o^)/わ~い♪
ところで、意地になってやってたけど、願い事って何やったっけ?(^_^;)

成就石で遊びすぎたせいでタイムアウトの17時になり、64番前神寺は間に合わずまた次回(>_<)

石鎚山駅から伊予西条駅まで列車に乗り、駅前のホテルで一泊し、翌朝一番の高速バスで自宅へと帰る。
帰る頃には風邪もすっかり治り、元気になっていた(^_^;)


スポンサーサイト

(歩き遍路1巡目~その32~)

栄福寺を出ると雲行きが怪しくなってきた…。どうやら明日は雨らしい(^_^;)
今日は58番仙遊寺の宿坊に泊まるので、雨が降ろうがここまで来たら大丈夫♪と仙遊寺へ向かう。

わずか2.4km…。しかし坂道を登っていかなければならない。
喉が渇いたが、飲み物を買ってくるのを忘れた事に気付く(ーー;)
そういえば!と、南光坊から泰山寺までの道で、自転車に乗ったご婦人にミカン2個お接待していただいた事を思い出し、リュックのファスナーを開け、潰れないように一番上に入れておいたミカンを1個取り出す。
坂道の途中の塀の上に登って座り、のどかな田園風景をみながらミカンをいただき喉を潤す。

途中何台かの参拝の方の車や、マイクロバスが坂道を上がって行く。
この辺り一面はミカン畑で、ちょうど収穫期と思われるほどミカンがたわわに実っていたので、道行く車から見た時に「あのお遍路さん!ミカンちぎり取って食べてるわ~」と、思われはしないか(ちぎりも拾いもしてへんで~!)とヒヤヒヤしながら『お接待ミカン』をいただいた(^_^;)

坂道はそうきつくはなかったが、仁王門から入った最後の階段はキツかった(>_<)

お参りを済ませ16時に宿坊へ。
今日は一日25km以上を歩いてきて汗をかいていたので、食事の前に早速お風呂に入らせていただこうと思っていたのだが、男性のお遍路さんから先にという事だったので、先に洗濯を済ます。
男性の歩き遍路さんが多い日で、18時まで待ったが、食事の時間に間に合わないので部屋でシャワーを浴びて食堂へ。
仙遊寺の精進料理のお話しを聞いていて楽しみにしていて、いつか泊らせていただきたいと思っていたが、今までの行程では縁が無く、今回は狙って行程を組んだ程楽しみにしていたので、お料理を感激しながらいただいた(*^_^*)


翌朝6時、朝のお勤めに向かう。
本堂の中に入り、御本尊千手観世音菩薩を近くで拝ませていただく。
仙遊寺①

お勤めの後、御住職からのお話しがあり、一人一人にお声かけ下さり「修行はいつでも受付ます」とおっしゃっておられた。
(今年の京都東寺での初弘法にて偶然お目にかかれたんですよ~♪)

お勤めを終え7時宿坊を発つ。やや遅めの出発なのでスピードアップする。


仙遊寺から下り、平地を歩き1時間ちょっとで59番国分寺(検索フォーム:打ち止め~♪)に着く。
第59番国分寺 (3)
(大師堂)
 
国分寺を出て、てくてく歩いていると雨が降ってきた(>_<)
今日の降水確率は70パーセントなのでしかたない、ポンチョを被る(ーー;)

雨の中、世田薬師をお参りする。
栴檀寺

納経していただき臼井御来迎へ。ここではお参りのみで納経は無い。
臼井御来迎

次の実報寺へ行く際道に迷う(ーー;)
日切大師も見つけられず途中であきらめ先を行く(>_<)

11号線を右に折れ、ドシャ降りの雨の中、先に香園寺奥の院白滝をお参りする為に坂道を上がって行く。
途中、真っ赤な雨合羽を来た女性が下りて来られるのが見え、お互い会釈する。

白滝をお参りし坂道を下り、61番香園寺を打つ。
第61番香園寺

初めてここに来た時は何も知らず一階でお勤めしたのだが、体育館のような二階へ上がりお勤めする。
下りてきてから大聖堂横の子安大師にお参りし納経していただく。
子安大師

ちょうど17時、香園寺を後にして今夜の宿へと向かう。
今日の行程はやたらと長かったような気がする。(ーー;)
迷い道を除いても、30km以上は歩いているように思う。

宿の食事は一人一人鍋が用意されていて、私には食べ切れないほどの量だった(>_<)
ビールはなんぼでも入りますがね(^_^;)

白滝への道で出会った女性もここで宿泊されていて、今日のドシャ降りの雨の中で道を間違えて白滝ルートの途中まで歩いて行かれていたそうで、まるで川のようになった道を歩いていたが途中で気付き引き返してきたところに私に出会ったらしい(^_^;)

歩きお遍路さんがたくさんおられ、みんなで色々と話しをしながら楽しく夕食をいただき、アッという間に楽しい時間が過ぎて行ったのだった(*^_^*)♪




朝護孫子寺は奈良県の信貴山にあり、聖徳太子が開かれた由緒あるお寺。

CIMG1794.jpg
(橋の欄干には寅の絵が…)


お寺のシンボルが寅で、境内のあちこちにいます。


橋を渡りてくてく歩くとじきに、赤門前の高さ3メートル、長さ6メートルもあるドでかい寅が出迎えてくれます。
世界一の大きな福寅だそうで、首の部分はブゥ~ンと電動で動いているのだ!
おぉ!世界一とな~!是非福を授かりたいと、寅さんがこっち向いてくれるタイミングを見計らいシャッターを切る。


…が、どんだけ背伸びしてもジャンプしても、私の背丈が足らず福寅の顔の正面が写らない(>_<)


CIMG1795.jpg
(今度行く時は脚立持って行ってやる~ッ!…脚立かついで峠越え?)



その代わり、隣りにいた子寅は近いアングルでバッチリ撮れました♪


CIMG1796.jpg
(小さな福は授かるかも~?…やたらと歯が可愛い~♪)



赤門を通り、本堂へ向かいます。


途中、寅が大口を開けた『四国八十八ヶ所お砂踏み』の入り口があります。
お砂踏みはここだけではなく他の場所にもあります♪


CIMG1800.jpg
(寅っていうより?う~ん…苦笑)




お砂踏みのすぐ上のお堂は『銭亀堂』といい、日本で唯一!金運招福の銭亀善神が祀られている。


CIMG1803.jpg


お堂の横の授与所で祈願料を納め、お守りと一億円札を授かる。
石臼の上にこのお守りと一億円札が入った封筒を置き、更にその上に自分の財布を置いて祈願するのだ。


お堂を管理されている女性と一緒に「南無銭亀善神」と3回お唱えしながら、石臼を右旋の理論に従い回すと、お金の回りが良くなるらしい♪


約20年前、私の知人が何も知らずに初めてここに来て祈願した直後、宝くじで500万円当たったらしい\(◎o◎)/!

初めてここにお参りした時それを聞いてから来たので、軽い力でも回るのに、気合い入れて手に汗握り力いっぱい回しましたよ~!(^_^;)


ゴゴゴ~ッ!と音を立てて石臼を回す。
(ーー゛)ヨイショ、ヨイショ!!


石臼が擦り減るぐらいありったけの力を込めて、
ぐるんぐるんと超高速で回した結果…
肝心の金運は、私の前を瞬時に通り過ぎて飛んで行ってしまったようだ…( ̄3 ̄)


余談だが、一億円札と言えば、我が故郷のお土産(色々ありますが)『ぶどう饅頭』♪
そういえば、私自身も最近は見かけていないな~(>_<)
本店に行けば販売しているのかな?

その昔、客人が濃い抹茶色の包装紙の手土産を持って来られると幼心にやたらワクワクした思い出がある(^_^;)

ぶどう饅頭とは、ぶどうの実に似せた薄紫色の饅頭(2センチ位の粒)が、みたらし団子のように5個串刺しになっていて超甘くて美味しい~♪

その折り箱に入っていたのが創業者の肖像画入りの一億円札だったという記憶がある。
(幼い頃だったので記憶は曖昧ですが…)一億円札が欲しくて、兄と取り合いのケンカになったっけ…(^_^;)



本題に戻ります(ーー;)

銭亀堂にて妙に疲れた後、またまたお砂踏みに向かいます(^_^;)



こちらには日本で唯一ここだけじゃないかな?寅の子を引き連れたお大師様がいらっしゃいます。


CIMG1810.jpg



お大師様にお参りした後、お砂踏みに行きます。


CIMG1809.jpg


さすがウルトラ方向音痴の嵐丸!
コースを間違え、お砂踏み逆打ちしてしまった(^_^;)
順打ちの方々に「すみませ~ん」と謝りながら通らせていただき、寅の子大師様に逆打ちで結願の報告をしたのでした(^_^;)



次回、本堂に参拝へと続く…







(歩き遍路1巡目~その31~)


今治の街中を抜け、別宮大山祗神社に参拝した後、隣接している南光坊の山門を入る。
(山門、綺麗になりましたね。)

第55番南光坊 (2)
(本堂)

本堂・大師堂とお参りし納経所へ。
以前、私の納経帳に墨書きして下さった男性に掛け軸と納経帳を差し出すと、「団体さんの先達さんをされていませんでしたか?」と声をかけていただく。
「いいえ」と答えると「よく見覚えのあるお顔なので…」と言われる。
それはもしかして、『どこにでもいそうな顔』という意味でしょうか?(ーー;)う~ん…

もしかして…と、私の金剛杖に書いた氏名をお見せすると「ああ!そうだ、あの時の…」と思い出して下さった。
「私の家内と同じお名前でしたね。読みは同じで、下の字は違いますがね」と…。
初めてお会いした時もそうおっしゃっていたっけ(^_^;)

腕時計をチラッと見られ「私はいつもでしたらもう仕事を終えている時間なのですが、最近1時間延長しているので…お会い出来たとはご縁があるのですね」と温かい笑顔を向けて下さる(*^_^*)

掛け軸の墨書きと納経帳の重ね印を終えると、後ろを向いて何か探し物をされ、「財布に入れて下さい」とお守りをお接待してくださり、納経帳に書いてある私の住所と氏名を見て「嵐丸さん、いい字ですね。私は字が好きなもので…。良く書けていますよ」と言ってくださった。

子供の頃にほんの少しだけお習字を習わされ(すぐに野外学習に重点を置きたくなったので継続出来ず)、中学生の頃から写経をしていた程度で、よく雑誌の裏に紹介されていた『〇ペンの美子ちゃん』は習った事も無いし、人に褒められた事すらないのに、納経をされるほどの方に褒めていただけるなんて!と、すっかり有頂天♪

出来ないスキップをするぐらいご機嫌な気持ちで南光坊を後にする(*^_^*)


今治の街中を抜けまっ直ぐに進むと、1時間も歩かない内に泰山寺へと着く。
第56番泰山寺 (4)
(大師堂)

お参りを済ませ納経所に行くと、白い子犬がテテテ~ッとカウンターの上を走っていた。
(検索フォーム:ここまで来たワン♪)
自分が犬猫のアレルギーである事も忘れ、迷惑そうなワンちゃんを捕まえてなでくりまわす(^_^;)


泰山寺を出てすぐ、奥の院の龍泉寺をお参りする。
『今治一小さなコーヒー店』と書かれた看板があり、コーヒーとお菓子のお接待をいただきながら納経をしていただいた。

なんて素敵な場所なんでしょ♪
納経所も各お寺によって色々で、その雰囲気もそうだが、販売している物品を眺めたり、納経所の方とのお話しも楽しみの一つとなっている。

帰りに手作りのちりめんの根付けをいただいた。
龍泉寺納経


田畑の間を歩き、蒼社川を渡り栄福寺に着きお参りする。
第57番栄福寺 (3)
(大師堂前のお大師様)





早朝から目が覚める(p_-)ちょいと眠い…。
涼しくなってきたので、昨夜圧力鍋で今シーズン初のポトフを作ってみたらやたらと美味しくって、昨夜も食べたけど今朝もモリモリ食べてコーヒー飲んでまったり(*^_^*)
…おっと!のんびりしてたらアカンがな~(>_<)
昼食用のおにぎり作ろうと思ったら、ご飯を炊いていない事に気付く(ーー;)
しかたない、とにかく行かなければ!
やっと重すぎる腰を上げる(^_^;)

予定より1時間遅れの7時に家を出て、いつもの神社へ向かう。今日は珍しく快晴~\(^o^)/
「頭が賢くなって、べっぴんさんになれますように」と、なでうさぎが擦り減るぐらいにこれでもか!!「よ~し、よしよし♪」…と、なでまわす(^_^;)

朝の挨拶?を済ませ、神社の側道を上がっていく。ここは神峯寺並みの急坂!
いきなりガツ~ンと足と心臓にくる(^_^;)

まだ休憩には早いですよっていうぐらいの場所に(歩き遍路していない方にはこれぐらいのポイントが良いのかも)遍路小屋に似た休憩所があります♪
CIMG1763.jpg
(もちろん休憩せずに歩いたよ~)

どことなく四国を思い出すような道です(*^_^*)
CIMG1765.jpg
(弥谷寺から曼荼羅寺に向かう遍路道みたい♪)

CIMG1844.jpg
(花粉が恐い嵐丸の敵が集団で生息している!)

CIMG1847.jpg
(花見の季節はキレイです♪)

神社から1時間歩くと展望台に着きます。
CIMG1776.jpg

CIMG1778.jpg
(階段を上って行くと展望台が♪)

展望台に登ります。
CIMG1779.jpg
(四国はこの方向にあります)

CIMG1784.jpg
(ビスコ食べながら四国に思いを馳せる)

私のご近所のH先達様は毎朝ここまで登っておられるらしい。すごい体力だ(^_^;)

ここからさらに10分ほど歩くと農業施設に着きます。今の季節はイモ堀り体験が出来るそう♪

CIMG1787.jpg
(丁石発見!)

CIMG1790.jpg
(吊り橋が見えてくるともうすぐ♪)

CIMG1793.jpg
(開運橋を渡ると朝護孫子寺に到着♪)


去年来た時は1時間半で行けたはずだけど、今日は2時間かかりました。
今年3月に香川県を歩いて以来歩いていなかったのと、展望台で遊び過ぎたのが原因か?(^_^;)

私にしては快晴のお天気でした♪

今日の歩く遍路万歩計の歩数は27800歩
歩行距離18km
消費カロリー700キロカロリー
ただ今2巡目の薬王寺→最御崎寺に向かっています。
(付け忘れる日もあったので…(^_^;)

朝護孫子寺は楽しかったです~♪
お寺のアップはまた今度…(^_-)




嵐丸

Author:嵐丸
雨ニモマケズ、風ニモマケズ…そういう者になれる日まで頑張ります♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。